アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは

アーユルベーダの意味

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語で、アーユス(生命・寿命)とヴェーダ(真理・科学・正しい知識)という二つの言葉から成り、「生命の科学」や「寿命の科学」というような意味になります。

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダは病気を治療すということだけでなく、どうすれば寿命全体を健康で幸福に過ごせるかを教える人生の知恵であり、最高の健康法といえます。

アーユルヴェーダによれば、寿命とは、ただ生きることではなく「幸福で意味のある人生を、他の生物にも役立つように生きる、受精の瞬間から死ぬまでの過程」を言います。

アーユルヴェーダの歴史と特徴

アーユルヴェーダは、仏陀やキリストが誕生するずっと以前、古代インドに生まれ、5000年とも言われる長い歴史の中で伝承されてきた学問です。

アーユルヴェーダには、健康と治療を自然と大宇宙との関係性の中で捉えた体系的で科学的な知識が網羅されています。

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダについての現存する最古の書物は、6世紀頃にまとめられた「チャラカ・サンヒーター」というサンスクリット語で書かれた書物です。執筆が始まったのは紀元前8世紀ごろだと言われていますが、一人の著者によって書かれたものではありません。

この全8巻120章という膨大な書物に記されているアーユルヴェーダは、後に中国医学やギリシャ医学に大きな影響を与えたと言われています。

古代インドの先人たちは、純粋に生きとし生けるものに対する思いやりの気持ちでアーユルべーダを普及してきました。

現代に生きる私たちは、こうした先人たちの想いを心に留めながら、その叡智を正しく受け取ろうという思いが大切です。

アーユルヴェーダの考え方

アーユルヴェーダでは、肉体と精神のバランスの調和がとれていて、人生を個人と社会の幸福のために上手に使うことが本当の健康だと考えています。

アーユルヴェーダは、食事を含めた日常生活、季節に応じた生活、精神生活を総合的に示すものであり、肉体・精神・魂を一体として、本人の体内にある自然治癒力を高める為のものなのです。