これからの生活習慣

心と身体をケアする 日々のアーユルヴェーダ

師匠から弟子へと伝承され続けたアーユルヴェーダの歴史は、5000年とも言われ、現存する最古の医学と言われています。 アーユルヴェーダには、幾千年も変わらぬ古典(教科書)があり、それは、インドだけのものではありません。 砂漠のように暑い地域でもチベットの極寒の地域でも通用するものなのです。 現代のインフルエンザの薬を100年後に使えるでしょうか? アーユルヴェーダの古典には、ちょっとやそっとのことでは違わない、生命の叡智が綴られているのです。 私たちは、日本人にあった形でアーユルヴェーダを日常的に実践していくことが、究極の健康管理に役立つのではないかと考えます。 それは、特別なものでなく、多くの人々が当たり前に、楽しみながら病気になる前のケアが出来るようになること。 そんな形を、目指したいと考えています。 ただいま、勉強中ですが、少しずつこのブログでもお伝えしていこうと思います。